奈良市西大寺で椎間板ヘルニアの根本改善を目指すなら「整体院 成裕」にお任せ下さい!

椎間板ヘルニアTOP
椎間板ヘルニアTOP

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、簡単に述べると、腰の骨・椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割を果たす椎間板が脊椎の後方にはみ出てしまうことで神経に接触し痛みやしびれが出てくるのが、腰椎椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアイメージ

椎間板ヘルニアは、「椎間板の老化・姿勢の悪さによる骨格の歪み」「重い物を持ち上げる動作のくり返し」などの後天的な環境因子なども大きく関与しています。

重い荷物を持ち上げるイメージ
椎間板ヘルニアの原因

・加齢

・椎間板の劣化

・ケガや外傷

・遺伝的要因

・過度の負担や姿勢の問題など

症状には段階があり、はじめは腰痛だけの症状が出現し、片側性の下肢の痛み(放散痛)を訴える症例が多いのが1つの特徴です。
その後、人によってはおしりや足にも鈍い痛みやしびれを感じることも。

足がしびれ始めたら症状が重くなっている証拠です。

足の痺れイメージ

症状が軽いうちから施術を始めないと、ヘルニアが重症化して改善しにくくなるだけでなく、治るのに時間もかかってしまいます。

どこへ行っても足の痛み、しびれが取れない方は、早めに当店へお越し下さい。

このようなお悩みはありませんか?

  • 病院でヘルニアと言われたが、薬と湿布で様子をみるよう言われた
  • ヘルニアの手術をしようか迷っている
  • 長時間同じ姿勢を取ると痛みやしびれが出る
  • このまま痛み続けるのか不安、痛みが強くなるかもしれないと不安
  • 痛みがだんだん強くなってきた、よくなる気配がまったく感じられない
腰椎ヘルニア

気になる腰椎ヘルニアをそのままにしていると・・・

股関節痛のイメージ

足に激痛とシビレがたびたび走り症状が重症化してしまう

 

腰を抑えるイメージ

手術しなければ痛みとシビレが取れない

痛み

長時間歩く・立つ事が出来なくなってしまう

 

当店の施術の特徴

これらを行うのが「筋肉の膜を整え自然治癒力を促す整体です。

自然治癒力を引き出すために、施術はもちろんのこと、その他に食事セルフケアのアドバイスもさせていただきます。

最終的にご自身の力で維持できるようになり「健全な生活」が送れるようになります。

本気で対応

痛みの本当の場所は「筋肉の膜」にある

筋膜とは筋肉・内臓など、体の組織をつつみ、それぞれの器官をつなげている薄い膜のような組織のことです。

筋肉は1つの固まりのように思いがちですが、実は筋肉は細かな筋線維が何十万本と集まってできています。

その何十万本の1本1本に筋膜が入り込んで、1本1本の筋線維を包んでいます

筋膜の構造

身体の様々な部位にある筋膜には、感覚の受容器があります。

筋膜の受容器が電気信号を「脳」に送り、特に意識せずに、立つ・座る・歩くなど何も考えずに動作する事が出来る様という仕組みです。

筋膜がよじれてしまったり、さまざまな線維がの自由度がなくなると筋膜のすべりが悪くなってしまいます。

筋膜はさまざまな条件によって、日常生活での姿勢など悪いクセがつくと、筋膜の状態が変化します。

痛み・しびれの根本原因は筋膜のすべりにくさにあり

日常生活での悪い動作やクセを長く続けると、身体の同じ場所に負担がかかり続けます。

結果、姿勢も同様に非対称になり、筋膜の動きに障害が起こり、身体の別の部位を使って無理をしようとしてしまいます

✔️同じ筋肉の使いすぎ
✔️手術の後の傷跡、熱傷
✔️筋肉のハリ
✔️悪い姿勢
✔️骨折後の保存療法
✔️誤った運動療法

といった動きでも、筋膜の機能異常を起こしたり、筋膜の自由度がより無くなってしまうことがあります。

ファシア(Facia)は第2の骨格?

たとえば椎間板ヘルニアは

椎間板が出てしまい・神経圧迫があれば原因が特定できます。

しかし「レントゲンや画像所見と痛みが一致しないことがある」と言われています。

レントゲンで、椎間板ヘルニアがあっても、まったく痛みを感じない人もいるのです。

その一方、レントゲンでは全く問題ないのに、激痛に悩まされる人もいます。

慢性の痛み・痺れは、レントゲンや画像所見と症状が合っていないケースが非常に多いです。

近年では、こうした慢性的な症状に関して、別の観点から改善する視点が見つかりました。

その鍵となるものが、「ファシア(Facia)」という組織です。

ファシア(facia)というのは、筋肉や内臓などを包んでいるビニール袋のような役割をしている組織です。

よく例えられるのは、とり肉のうす皮のような組織と言われています。

鶏肉

レントゲンや画像所見、MRIでも確認する事が困難で、触れることでやっと確認ができる「ファシア(facia)」「筋膜」という事が研究でわかっています。

ファシア(facia)は
筋肉だけでなく内臓なども包み込みながら連続しており、全身の器官を包みこんでつなげているので「第2の骨格」とも言われています。

筋膜のバランスを整える当店の施術

体のコリや痛み・しびれなどの不快な症状の根本的な原因は、筋膜がねじれたり、くっついたりすることで生じる筋肉や骨の滑りの不具合にあります。

筋膜と筋肉による組織(靭帯・神経・血管・骨膜への栄養障害や癒着、)を改善させる事で、症状ゼロへ繋ぐことができます。

筋膜の問題が解消されないと、整体やマッサージなどで一時的に楽になってもまたすぐ元の状態に戻ってしまいます。

成裕式調整法

当店の施術では、筋膜・関節・神経・靭帯の癒着と血流障害、動きにくさに対するアプローチをメインに行います。

筋膜を主とした結合組織のねじれを修復し、筋膜と筋肉、筋膜と骨などのくっつきをはがしていくことで全体を包む筋膜のバランスを本来の正しい状態へ導いていきます。

他店と当店の違い

他店と当店の違い

このような効果が期待できます

  • 痛みやしびれで薬や湿布に頼ることがなくなる
  • 不安だった手術をせずに済む
  • 生活が楽にできるようになる
  • 痛みだけでなく、しびれもよくなる
  • 今まで短時間で出ていた痛みが長時間同じ姿勢や作業をしても痛みがでなくなる
改善のイメ-ジ

お客様の声

当店をご利用下さったお客様より、沢山のお喜びの声をいただいております!

椎間板ヘルニア

K様 女性 40代
椎間板ヘルニア

明るく生活が送れるようになって本当によかったです

腰が痛くて、歩くにも痛くて大変でした。近くの総合病院へ行ってレントゲンを撮り、椎間板ヘルニアと診断されました。
痛み止めを飲んだり、ストレッチをしていました。
しかし、整体院成裕は、ただ力任せに揉むのではなく、なんで腰が痛いのか原因を見つけながら調べてくれます。
もっと強く揉んで欲しいと思うくらいの力でしたが、だんだんと体が楽になっていきましたその場だけで全然効果はなく、限界でした。
今まではずっと腰痛で悩んでいて苦痛だった日常生活が、気持ちまで暗かったのが、明るく生活が送れるようになって本当によかったです。

※効果には個人差があります。内容は個人の感想です。

施術内容

原因を特定する「成裕式筋膜施術」

施術

痛みの原因がどこから来ているのかを把握する為に、全身の筋膜・筋肉・関節を「成裕式独自の施術」で「原因特定の為の全身の検査」も含め実際に施術していきます。

この施術を受けて頂く事で、病院や整形外科では診断されない筋膜・筋肉への血液循環が悪くなっているポイント」を全て特定していきます。

ここで実際にどこがどうなって痛みやシビレが出ているのか体感して頂く形になります。

背骨の関節調整
(ボキボキはしない独自の調整)

施術の様子

筋膜・筋肉だけでなく、背骨周りの柔軟性が悪くなる事が原因で10年以上の腰痛や足への痛みとシビレを引き起こしているケースは非常に多く、画像診断でも全く見つからない原因不明の痛みと痺れに多い特徴となります。

ソフトに背骨の調整を行い、どこで体に反応が起こるのかも含めて施術していきます。

当店独自の血液循環改善法
(力が弱ってしまっている部位)

施術

筋膜・筋肉・関節を柔らかくするだけでは、症状が再発してしまう場合があるので、普段生活の中で上手く働かせる事が出来ていない筋肉への運動を入れていきます。

※短時間でキツくないソフトな運動刺激になります。

施術の流れ

HP初回限定:2,980円

ご予約・お問い合わせ

友だち登録でLINE予約可能!
さらに特典GET!
  • 特典1予約空き枠状況の配信中
  • 特典2LINEにてお悩み相談受付中
  • 特典324時間LINE予約可能
営業時間
9:00〜18:30 ×
  • 定休日日曜日
  • 受付時間18:30まで
LINEお友達登録
初回施術2980

所在地